白髪と漢方:血虚について

年齢と共に出てきてしまうのが白髪です。
ですが、出てきてしまう白髪は人により違っていますよね。
この白髪が、ごっそりと数本出来てしまうとやはり気になってしまいますよね。
気になる白髪をこれ以上増やさず、白髪にならないように改善したいと思いますよね。
白髪を改善する方法として、漢方を飲んで白髪を改善されたという方もいらっしゃるようです。
漢方では、どのような事が白髪になる原因として考えられているのでしょうか?

漢方では、前回もご紹介をしましたが血が不足する事によって白髪になってしまう血虚が原因だと言われています。
この血虚のタイプは、頭皮が青白い色をしていて触ると冷たく感じる方が多いようです。
そして、太い髪質の方が白髪になりやすいようです。
主な原因は、体の冷えだと言われているのでまずは体を冷やさないようにする事が大事です。
冷え性体質であれば、冷え性を改善する事が白髪予防に効果的だと漢方では考えられています。

この漢方の血虚の原因である冷え性を治療するには、毎日食べている食事に気をつけると良いと言われています。
消化の良い物を食べて、胃腸を休ませる・・・これが大事です。
漢方で血虚を改善出来る食材だと言われている食材をご紹介しますね。

◆血虚を改善出来る食材
・肉類・・・牛、鶏、レバー等
・魚介類・・・秋刀魚、鯵、えび、うなぎ
・根菜類・・・じゃがいも、山芋、大豆、ほうれん草、南瓜、ニラ、栗など
・果物・・・りんご

上記のような食材は、体を冷やさない食材だと言われています。
漢方ではこの食材を使って、体が冷えないようにする事で白髪予防になると言われているんですよ。

 

白髪を漢方で改善

 

黒い髪の中に目立つ白い髪。
ふとした時に、鏡で見つけてしまった白い髪。そう白髪です。
白髪が出来てしまうと、ついつい気になって鏡ばかり見てしまったりしてしまいますよね。
私達は、30代になるとだんだんと白髪になる方が増えてきます。
年齢と共に白髪が、1本そして2本・・・3本というように増えて行ってしまいますよね。

白髪は、人により個人差があります。
同じ年齢だったとしても白髪だらけの方や白髪がまだらにある方など人それぞれ違います。
また、白髪が全くなく黒い髪のままという方もいらっしゃいますよね。

白髪があると実年齢よりも老けて見られがちになってしまいます。
白髪で年齢の10歳は違うなどと言われると、やはり白髪の無い黒い髪に憧れますよね。
女性であればこの白髪が気になり、隠すために白髪染めをされている方も多いです。

それでは、気になる白髪が何故出来てしまうのか?
白髪が出来てしまった原因について知る事も大事な事です・

白髪が出来てしまう原因は、その人により原因も違ってきます。
遺伝的なものが原因だったり、毎日の生活習慣や食生活などが原因だったりしますよね。
遺伝的な事が白髪の原因であれば、自分で改善する事が出来ませんが生活習慣などが白髪の原因であるのであればすぐに改善する事が可能ですよね。

またその他には、漢方薬を飲んで白髪を予防しているという方もいらっしゃいます。
中国の漢方薬には、髪を黒くしてそして年齢と共に起きてしまう老化を遅らせる効果があると言われています。

人が歳をとると同時に避けられないもの。

それは白髪です。

40代も半ばを過ぎると鏡を見るたび髪の毛のあちらこちらに白い毛が目だって来るようになります。

これが少しでもあるだけで、見た目は老けて見られますし顔全体が疲れた雰囲気を醸し出してしまう事も考えられます。

そこで、白髪染めを使って隠せる部位は隠すのがおすすめです。

最近の物は種類も豊富になってきていますからどれがいいのかわからない。

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな時はネットからランキングサイトを見つけてください。

実際に売れ行きの良い商品が解りますので選ぶときの参考になるでしょう。

結婚後、出産をされた女性は体内のホルモンバランスの関係で白髪になりやすいそうです。

白い物が髪に少しでもあると年齢以上の見た目になりますし、疲れてしまっている雰囲気も感じられますよね。

この事から、白い物は早い内に白髪染めで目立たなくするのが良いです。

抜くから大丈夫。

と思われがちですが抜くのは髪だけでなく頭皮にも負荷がかかるのであまりお勧めではありません。

一番良い対処法は髪を染める専用の商品で目立たなくする事です。

人気なのは泡タイプや部分タイプなど手軽に使える物も沢山あるので好みの品が見つかると思います。

昔は綺麗だった黒髪に白い毛が混じり始めたとき美容院に行く人もいるかと思いますがヘアカラーで自分で染めてしまう方もいらっしゃいます。

自宅で染める液体は安全なのか?心配がある。

というような意見がありますが、これは人によります。

一番気になる問題はアレルギーが引き起るかどうかの問題があります。

しかしながら、最初にパッチテストを勧めている商品がほとんどなので心配な方は是非そちらをチェックしてから使用するようにしてください。

他にも、植物エキス中心の商品を選ぶと良いと思います。

女性は特に白髪に対して早くなんとかしなければ。

と思われる方が多いと思います。

やはり髪の毛が白いという事はそれなりの年齢になりますし場合によっては見た目が歳以上に見られてしまう。

といった事も考えられます。

女性は若くて綺麗なままでいたい。

という願いを持つ生き物ですからそれは我慢できないことだと思います。

そんな時に頼りになるのが白髪染めです。

最近の物は黒に限らず、茶髪になれるカラーもあるので黒い髪よりもふんわりとした雰囲気になれます。

髪の色を気にするとよりおしゃれな感じの印象を与えることが出来ます。

歳を取って髪の毛に白い物が目立ち始めたら白髪染めを使い目立たなくする。

という方もいらっしゃるでしょう。

最近はドラッグストアでも様々なものを目にする事ができますがインターネット通販サイトでは、より効果的で髪にやさしい物が揃っています。

特に注目をしていただきたいのが、トリートメントの様な感じで使用できるタイプの物です。

一般的には、乾いた髪に液体やクリーム状の物を塗りますが染める前後の用意や片づけ、シャンプーなども大変なうちの1つになりますよね。

けれども、トリートメントとして使うものは髪が濡れててもそのまま使用できるのでお風呂で使う事ができ、なおかつ髪のダメージも防げます。

これなら毎日手軽に使えますよね。

子供から白い髪の毛の多さを指摘された・・落ち込んでいる方におすすめしたいのが白髪染めです。

とはいえ、白い髪の毛は黒い部分に比べてほんの少し・・という方が多く一部に数本あるといったケースが多いですよね。

よく使われているカラーリング剤は髪の毛全部を染めるものですが白い髪用の物は、生え際や気になる部分だけ染めらえるようになっていたり髪全体を染めたとしても白い毛の所だけに反応する物などこうした様々なタイプの商品があります。

自分で出来ると美容院代も浮きますし、とても手軽です。

身近なドラッグストアでも自分で白髪を染めることができるヘアカラーを目にする事ができます。

自身で染めてしまう事で生まれるメリットはプロに施術してもらうわけではないので、安く髪の毛を染めらえる事だと思います。

ですが、中にはドラッグストアの染める商品を使うと髪がキシキシと傷むのでは?と心配される人もいるでしょう。

髪の毛を染めるという行為自体に多少なりとも負荷はかかりますので美容院で染めても同じことが言えると思います。

通販サイトから検索してみると、原料はオール自然の物など傷みの心配を極力和らげる、髪の健康を考えた商品もあります。

人から白い髪の毛を指摘され、ショックを受けたことがある。

そうなったらセルフでできるヘアカラーを使って染める方もいらっしゃると思います。

自身で出来れば美容院に行く時間も節約になりますしリーズナブルな価格で済む。

というのも最大のメリットですよね。

良く目にするものは生え際のみに塗るタイプの商品や泡が出てくるタイプの物でムラを防ぐ物など数多くの商品が薬局などに置いてあります。

自分で染めやすい。

と思う物を見つける事が綺麗に仕上げる秘訣です。

それに、インターネットのサイトにはより多くの珍しい商品が販売されています。

ある程度の年齢になると悩みの種の一つになってくるのが白髪の事だと思います。

しかし、これは自分ではいくら努力しようとも体は正直に年齢を表します。

だけど、あきらめることはする必要はありません。

白髪染めなどを利用すれば、元通りの黒々しい髪に見せることができます。

髪が傷まないか・・と心配になる方もいらっしゃると思いますが、商品にはトリートメントが配合されているものが多いので髪を染めたからといって傷みの元になることはあまり考えなくて大丈夫です。

しかしそれでも不安であればさらにトリートメントやパックなどを加えてみては如何でしょうか。

自分の髪の毛に白い物がめだって来たら白髪染めで染めるのが良いと思います。

自身で染めると髪に良くないのでは?と思う方もいると思いますが昨今は薬局でもヘナを使って髪を染めることができる商品が目立つようになってきました。

こちらの商品は植物から作られたものでアーユルヴェーダなどリラクゼーションの場でも使用されている薬草です。

脱色するのではなく表面に色を乗せる。

といった感じなので傷む心配がありません。

ただ、脱色効果がない。

という事は黒い髪の毛の部分は何も変化が起こらない。

という事になります。

なので、気になる部分だけに使うと良いと思います。

髪の毛の中に白い部分が出始めたらショックが大きいと思います。

白い毛が髪の毛にあると老けて見られることも多々ありますから手っ取り早く解決したいものです。

そこでお勧めなのが泡タイプのヘアカラーです。

市販の物で髪染めといえばクリーム状のものが一般的ですが昨今は泡で出てくる商品の方が売れ行きがあります。

セルフで染める時、クリーム状ですとどうしても髪の奥まで行き届かないのに対し泡で出てくる商品は髪全体を包み込むように染め上げますから自分でやっても綺麗に仕上げることができます。

白い髪の毛を隠そうとして白髪染めを使う方、いらっしゃると思います。

昨今は通販サイトや薬局でも良い品が買えます。

が、髪を染める行為は少なくとも頭皮と髪に負担がかかります。

中には数種類の薬品が配合された物もあるので場合によってはアレルギーが出てしまう方もいらっしゃるそうです。

そういった可能性を低くしたいという事であればヘナが良いかと思います。

葉を乾燥させ水と混ぜ合わせる事でペースト状にしたカラーリング剤で髪の毛の色を抜くのではなく、色を入れるという風なイメージで染め上げるので、髪の傷みも抑えられます。

昔は黒かった髪の毛に白い物が増えてきたら自分で白髪染めを使い、元の色に戻してしまいましょう。

染める液体といっても、その種類や数は選びきれないぐらい豊富で生え際専用の物、泡で出てきて髪全体を染められる物など使いやすいと感じる物がすぐに見つかるでしょう。

さらに、色も黒一色といったわけでなく濃い茶色のダークブラウン、明るい茶色のブラウンなど地毛に近い自然の物を選ぶことができます。

なおかつ、染める液体の原料は全てが植物から抽出している物など安心、安全に使える物も沢山あります。

何とかしたい白い髪を染めるのに市販のヘアカラーを使用する。

という方、沢山いらっしゃると思います。

髪を染める時、やはり気になるのが液の飛び散りや準備・後片付けなどの大変さですよね。

しかしながら、中には乾いた髪の毛に使用するものだけでなくお風呂やシャワーの時にトリートメントとして使用すれば徐々に自然な感じで染められる。

というような大変手軽な物も出ています。

使えば髪にトリートメント効果も期待できますし白い毛の部分が気にならなくなります。

一般的なドラッグストアでも購入可能ですがネット上では種類豊富にこうした商品を目にする事ができます。

鏡をみて白い毛に気づいたら、白髪染めで染めている方も多いと思います。

白い毛は何か対処しないと増えれるだけ増えますしこのせいで見た目も実際の歳より老けて見られる事もあり特に女性は嫌がる方が多いので、早めになくしたいものだと思います。

染めるとはいえ、沢山色々なタイプの商品があるので簡単に使えそうなものがすぐに見つかると思います。

しかし、あまりにも選択肢が多すぎて迷ってしまうのであればインターネット上の口コミを調べてみると良いでしょう。

そこでは商品を使用したことがある方の評価が見れるので選ぶときの良い基準になると思います。

関連ページ